スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneを解約した後はiPodTouchとして使用するのがベスト

20110804

iPhone
iPhone/Panduka Senaka


iPhoneは例え解約した後であっても、iPodTouchとして使うことができます。言い方を変えれば、iPhoneはiPodTouchに電話機能が付いただけ。単純に電話として使用するのであれば、スマートフォンよりもフィーチャーフォンの方が自分には合っているというのがiPhoneからフィーチャーフォンに乗り換えた理由でした。


解約した後であってもiPhoneのいいところはしっかりと生かしたい。解約した後のiPhoneをガラクタにしてしまうのはもったいないですよね。


iPhoneのWi-fi機能を生かせば、iPhoneに求めていた機能を無駄にせずにしっかりと生かすことができます。


自宅に無線LANルーターがあるのであれば、Wi-fiを使ってインターネットにつなげることはできます。ただ、自宅であれば正直PCを使用するのが普通なので、よほどPCを立ち上げるのが面倒な時などにはiPhoneを使ってインターネットに接続します。


ただ、iPhoneの良さというのは携帯性なわけなので、自宅だけで使うというのでは良さが生かし切れませんよね。


私の場合、自宅のインターネット環境もWiMAXにしているので、家にいるときはもちろんPCやiPhone、iPadなどをWiMAXのルーターに接続して使っています。


WiMAXが便利なところは自宅&出先でもインターネットの環境が整ってしまうというところです。


モバイルルーター一台で自宅&出先のインターネット環境がそろってしまうので、iPhoneのデータ通信のためだけにパケット通信料を支払っているのがバカバカしくなったというのもiPhoneを解約した理由の一つです。


そんなわけで、現在出かけるときにはiPhoneはWiMAXとセットでiPodTouchとして機能しています。自宅のネット環境もWiMAX、出かけた先でのネット環境もWiMAXで一本化しているので、月々のコストも抑えることができています。


以前はADSLに一カ月4000円ほど、iPhoneのデータ定額に4200円ほどの合計8000円以上を通信費として使っていましたから、今考えるともったいないことをしていたなぁと思うわけです。


iPhoneを解約してガラクタとして眠らせるくらいなら、iPodTouchとして使用してみてはどうでしょうか。きっとWiMAXがその手助けになるんじゃないかなと思います。


しかし、便利な世の中になったものですね。


iPhoneを解約した後の使い道に困っている方はWiMAXと組み合わせて使うことで
iPhoneの便利さを引き継いで使用することができそうですね。


WiMAXについては私もまだ使用し始めたばかりなので
いろいろと検証していきたいと思っています。


WiMAXのサービスや料金などはこちらのサイトで詳しく知ることができますよ!








[PR]

PS3 ハンテッド デモンズ・ザ・フォージをどこよりも早くお届け

新作モンハンはHD画質で楽しめる!最安予約情報


関連記事

コメント

Re: No title

> え、SIMカードどうしましたか???

SIMカードはそのまま刺さっています。
でも、問題ないですよ。

No title

え、SIMカードどうしましたか???

コメントありがとうございます。

蘭々 さん

本当にべんりですよね。

私もWiMAXを知ったのは本当に最近で
WiMAXを使い始めてから、すぐに固定回線を解約しました。

もうちょっと使えるエリアが広がればいいなと思っています。

ホントに便利な時代になりましたね
非公開コメント
プロフィール

imoan_koala

Author:imoan_koala
昨日より今日、今日より明日が
良き一日となるように
「今日」という一日を大切に
生きる男のブログです。

最新記事
最新記事はこちらからCheck!!
カテゴリー

月別アーカイブ
04 10 09 08 05 04 03 02 03 02 06 01 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 08 07 06 05 12 11 10 07 06 05 04 
リンク

当ブログでは相互リンクを受け付けております。 詳細はこちらをご覧ください。

相互リンクについて

ブログ内検索
アクセス解析
FXを徹底比較
RSSフィード

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。