スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核処理施設をモンゴルに計画!?無責任も甚だしい・・・。

20110509

Caution


言葉が出ませんね。
自国で作り出した核廃棄物を第3者の国へ原子力開発の技術援助を盾にして、処理施設を作るようにだしんするなんて。


核処分場 モンゴルに計画…日米、昨秋から交渉

引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110509-00000001-maip-soci

【ウランバートル会川晴之】経済産業省が昨年秋から米エネルギー省と共同で、使用済み核燃料などの世界初の国際的な貯蔵・処分施設をモンゴルに建設する計画を極秘に進めていることがわかった。処分場を自国内に持たない日米にとって、原子炉と廃棄物処理とをセットに国際的な原子力発電所の売り込みを仕掛けるロシアやフランスに対抗するのが主な狙い。モンゴルは見返りとして日米からの原子力技術支援を受ける。だが、東日本大震災による東京電力福島第1原発事故で日本政府は原子力政策の抜本的な見直しを迫られており、「核のゴミ」を第三国に負わせる手法に批判が出そうだ。



こんなことってあるのでしょうか!?絶対に非難されるのは必至でしょう。
自国で作り出した核廃棄物を第3国に処理させて、その技術を売ってお金儲けをしようなんて自己中心的な考え以外のなにものでもありません。

仮に、モンゴルに核廃棄物の処理場ができたとして、そこに日米がこぞって核廃棄物を持っていきモンゴルはモンゴルで原子力発電などの技術を向上させて自国で核処理を始める。

その先にあるものはなんでしょうか?

きっと自国で処理できなくなった核廃棄物を他国に処理させるような図式になるでしょう。これは本当に目先の利益しか追及していないとっても稚拙な考え方です。

核廃棄物の処理には100年、200年という大きな時間の流れのなかで考えていかなくてはならない、今後の地球にとっての重要な問題です。これから生まれてくる後世に対して負の遺産をどんどん作り出している。今生きている私たちが後世の人たちに対して、責任を持った行動をする必要があるのではないでしょうか。

自分たちの国さえよければそれでいいという考えは今後全く意味を持たなくなります。
もっと地球という一つの共同体として考え無ければ地球の未来は不安だらけになってしまいそうです。
関連記事

コメント

非公開コメント
プロフィール

imoan_koala

Author:imoan_koala
昨日より今日、今日より明日が
良き一日となるように
「今日」という一日を大切に
生きる男のブログです。

最新記事
最新記事はこちらからCheck!!
カテゴリー

月別アーカイブ
04 10 09 08 05 04 03 02 03 02 06 01 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 08 07 06 05 12 11 10 07 06 05 04 
リンク

当ブログでは相互リンクを受け付けております。 詳細はこちらをご覧ください。

相互リンクについて

ブログ内検索
アクセス解析
FXを徹底比較
RSSフィード

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。