スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DASH村を必ず復興させると誓ったTOKIOの松岡さん。その言葉から考えるスローライフの意義

20110420

The Demise of British Agriculture
The Demise of British Agriculture / Arctic Wolf

TOKIOの人気番組、ザ!鉄腕!DASH!!でおなじみの「DASH村」は福島県にあります。私が高校生くらいのころからずっと続いている番組のコーナーです。もう10年近くになるでしょうか。

DASH村の詳細の場所などは非公開だったのですが、TOKIOのメンバーと話している村人の方々の話口調を聞いていると、どうも地元福島にあるっぽいなと高校生ながらに思っていました。今回の原発事故によってこのDASH村も避難指定区域の中に入ってしまったようです。

TOKIO松岡 被災した「DASH村」復興誓う

引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110420-00000002-dal-ent

TOKIO・松岡昌宏(34)が東日本大震災で被災した「DASH村」の復興を誓った。19日、神奈川県内で行われた松岡主演の日本テレビ・読売系ドラマ「高校生レストラン」(5月7日スタート 土曜 後9・00)の制作発表に出席した松岡は、同局「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜 後7・00)で、TOKIOの5人が古き良き日本の農村生活を実践しているDASH村への強い思いを吐露した。地元の協力者や動物は現在、各地に避難している。



DASH村では農業や酪農など、村の生活が取り上げられ、毎回見るたびに昔の人たちの知恵ってすごいんだなぁと関心させられます。炭を作る窯を一から作ったのにはびっくりました。私の実家の近くでも昔木炭を作っていた窯の跡が残っているのですが、登り窯といって山の斜面を登るように、いくつもの窯が繋がっているものがあります。小さいころにおじいちゃんに教えてもらいました。

DASH村を見ていると、田舎でのスローライフ生活にあこがれをもってしまいます。私の実家はどちらかというとスローライフを実践しているほうで、自宅の庭で野菜を作ったり、冬季に使う暖房器具は「薪ストーブです」夏場には家の裏山から木を伐り出して乾燥させ、冬に使う薪を確保したりします。

廃材などが出ると聞きつければ、トラックを借りてまるまる家一軒分の木材をもらってきたこともありました。もらってきた廃材を鉈を使ってストーブに収まるサイズに切り分ける作業は結構大変だったりします。

DASH村を見ているとそんな幼少期から高校生くらいまでの地元の思い出が思い出されるので、ついつい見てしまう番組です。

今回の原発事故で立ち入ることのできなくなってしまったDASH村ですが、必ず復興させてほしいと思います。

スローライフという考え方が、原子力開発を含めたエネルギー問題の一つのヒントになるのかもしれないなとふと思いました。突然電気を使わない生活をする。ガスを使わない生活をするというのは難しいかもしれませんが、今まで以上に節電への意識が高まり、私たち個人個人が被災者のことを考えて行動することが、結果として将来のエネルギー問題を考える上での基礎にもつながっているのではないかと感じました。

ロハス
サスティナブル
スローライフ

こういった言葉の中に何かヒントが隠されているのかもしれませんね。


関連記事

コメント

非公開コメント
プロフィール

imoan_koala

Author:imoan_koala
昨日より今日、今日より明日が
良き一日となるように
「今日」という一日を大切に
生きる男のブログです。

最新記事
最新記事はこちらからCheck!!
カテゴリー

月別アーカイブ
04 10 09 08 05 04 03 02 03 02 06 01 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 08 07 06 05 12 11 10 07 06 05 04 
リンク

当ブログでは相互リンクを受け付けております。 詳細はこちらをご覧ください。

相互リンクについて

ブログ内検索
アクセス解析
FXを徹底比較
RSSフィード

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。