スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発事故国内最悪レベル7を検討。原子力は決して失敗が許されない科学

20110412

energy node
energy node / Wojciech Ruchniewic

原子力開発は失敗が許されない科学であると言われています。

科学とは本来失敗を繰り返しながら進歩していくものですが、原子力開発に関しては一度の失敗が環境に与える影響が大きすぎるため、決して失敗を犯すことのできない科学なのです。

とても残念なことですが、今回の福島原発の事故は原子力開発の大失敗として世界中の人々に記憶されることになってしまいそうです。

福島第1原発 政府、レベル7検討…最も深刻

引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110412-00000003-maip-soci

内閣府の原子力安全委員会は11日、福島第1原発事故について、発生当初から数時間、1時間当たり最大1万テラベクレル(ベクレルは放射能の強さ。1テラベクレルは1兆ベクレル)の放射性物質を放出していたとの見解を示した。現在は1時間当たり1テラベクレルほどまで落ちているとみている。



原子力に関わる事故として「レベル7」というのはチェルノブイリ原発事故に並ぶ、最も深刻なレベルです。5重の安全対策を施していたと何度繰り返されても、今回放射性物質は確実に空気中、海水に漏れ出してしまいました。それに伴って福島の野菜から放射性物質が検出。海外でも日本製品に対する放射性物質の付着のチェック。そして国内でも「福島県産」の商品に対する安全性の疑問など、問題はどんどん大きくなってきています。

この問題が落ち着くのはいつなのでしょうか?

原発付近の住民の方たちが安心して暮らすことができる日々が一日でも早く訪れるように、私たちは祈りをささげることしかできません。それほど原子力というのは一度暴走が進んでしまうと人間が制御することが困難な「危険な科学」なのだと思います。今後の原子力のあり方についても私たちは真剣になって考えていく必要がありそうです。
関連記事

コメント

No title

imoanさん♪

こんにちは、aoです。
原子力発電所の事故によって、原子力への科学的知見が
今後、変わってきそうですよね。

科学者も人類に責任をもてる範囲で
宇宙の不思議と向きあっていく慎重さが問われるのでしょう。

aoも科学の不思議は
生命あるものを活かすために
活用していけるものであって欲しいと思いますね。

危険ととなり合わせな原子力発電よりも
もっと自然と共生していける方法を
人は生み出していけるんだと思います。

非公開コメント
プロフィール

imoan_koala

Author:imoan_koala
昨日より今日、今日より明日が
良き一日となるように
「今日」という一日を大切に
生きる男のブログです。

最新記事
最新記事はこちらからCheck!!
カテゴリー

月別アーカイブ
04 10 09 08 05 04 03 02 03 02 06 01 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 08 07 06 05 12 11 10 07 06 05 04 
リンク

当ブログでは相互リンクを受け付けております。 詳細はこちらをご覧ください。

相互リンクについて

ブログ内検索
アクセス解析
FXを徹底比較
RSSフィード

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。