スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射性物質の拡散予測のニュースから思う、政府とメディアへのメッセージ

20110405

今回の福島原発の事故に関する政府の対応に疑問が残る点が多かったのは事実。
公開するべき情報を公開しなかったのはとても問題だと思う。

放射性物質の拡散予測、気象庁に公開を指示

引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00001078-yom-sci

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、放射性物質の拡散予測を連日行っているにもかかわらず、政府が公開していなかった問題で、枝野官房長官は4日、気象庁に公開を指示した。



「過度の不安を煽ってはいけない」
「混乱が生じてはいけない」

何度この言葉を聞いたか分からない。
しかし、表面だけの情報を頼りに

「安心させられている」ほうがもっと怖いと思う。

原発事故に対する海外の対応はとても速かった。
フランス政府は国内のフランス人の帰国を勧告したり
アメリカでさえ、100km圏内からの退去を勧告していた。

原発関連のニュースもCNNニュースなどのほうが
国内メディアよりも詳しく、
最悪のケースを想定して報道されていた。

日本の政府、メディアは事を楽観視しすぎていないか。
自分たちの基準で、自分たちの力で何とかする。
その気持ちは大いにわかる。
ここまで来てしまった以上、もう後には引き返せないから。

しかし、出すべき情報を開示しないのはマズイ。

情報を出すことで混乱が生じるのは明らかだとおもう。
日本ではテレビでやっていることが
100%事実だと思っている人もたくさんいます。
メディアリテラシーに乏しい国、日本ですから。

しかし、その情報をどう選択するかは個人の自由。
情報が100パーセントではなく、
その情報をもとに実際に行動するのは「個人の意思」であるから。

「安心させるための報道」はいらない。
「事実を伝える報道」を僕たちは希望します。
「その事実を解釈する」のは私たち個人個人ですから。






関連記事

コメント

非公開コメント
プロフィール

imoan_koala

Author:imoan_koala
昨日より今日、今日より明日が
良き一日となるように
「今日」という一日を大切に
生きる男のブログです。

最新記事
最新記事はこちらからCheck!!
カテゴリー

月別アーカイブ
04 10 09 08 05 04 03 02 03 02 06 01 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 08 07 06 05 12 11 10 07 06 05 04 
リンク

当ブログでは相互リンクを受け付けております。 詳細はこちらをご覧ください。

相互リンクについて

ブログ内検索
アクセス解析
FXを徹底比較
RSSフィード

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。