スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番心配していたこと~福島原発付近でプルトニウム検出~

20110329

私が一番心配していたことが起きてしまいました。
福島原発付近の土壌からプルトニウムが検出されたというニュースです。


土壌からプルトニウムを検出…福島第一原発

引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110329-00000003-yom-soci

東京電力は28日深夜、記者会見し、東京電力福島第一原子力発電所で21、22日の両日、
採取した土壌から、プルトニウムが検出されたことを明らかにした。
これまでの大気圏内の核実験に由来するものではなく、
今回の事故で放出された可能性が高いという。
東京電力によると、人体に問題となるレベルではないとしている。


プルトニウム今まで検出されてきた放射性ヨウ素やセシウムとは
比較にならないほど超危険な放射性物質です。

放射性物質には半減期というものがあります。
半減期は放射性物質が出す放射線量が半分に減少するまでの期間を表します。

半減期が仮に1日という放射性物質があったとして
現在の放射線量を100とすると、1日後に放射線量は50に半減し、
2日後には放射線量が25に減少、3日後には12.5に減少というように
放射線の量が半減期ごとに半分に減衰していきます。

放射性ヨウ素の半減期は8日
セシウムの半減期は30年
セシウムでさえ放射線量が半分になるのに30年かかるのです。

では、プルトニウムはというと・・・。

半減期24000年です・・・

放射線量が半分になるのに24000年かかります。
ほぼ半永久的に放射線が出続けるというとこ。
プルトニウムは絶対に漏れ出してはいけない物質なのです。

それが微量であるにしても土壌から検出されたということになると
その土地は永久的に汚染されるということになります。

プルトニウムは元々自然界には存在しない物質です。
ウランの核分裂によって副次的に作られる物質なので
「人間が自然界に逆らって作り出してしまった悪魔の物質」とも呼ばれています。

高校の物理の授業でそんな話を聞いたのを覚えています。
物理の先生が言っていたこと。

「プルトニウムの語源ってなんだと思う?」
「冥界の神様、プルートが語源という説もあるよ」


と言っていたのが強く印象に残っている。

冥界の神、つまり悪魔。
悪魔が人の世に漏れ出してきてしまったということだ。
自然界には存在しない物質が福島の土壌に今存在しているということ。
これは重大な危機なのではないだろうか。
関連記事

コメント

非公開コメント
プロフィール

imoan_koala

Author:imoan_koala
昨日より今日、今日より明日が
良き一日となるように
「今日」という一日を大切に
生きる男のブログです。

最新記事
最新記事はこちらからCheck!!
カテゴリー

月別アーカイブ
04 10 09 08 05 04 03 02 03 02 06 01 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 08 07 06 05 12 11 10 07 06 05 04 
リンク

当ブログでは相互リンクを受け付けております。 詳細はこちらをご覧ください。

相互リンクについて

ブログ内検索
アクセス解析
FXを徹底比較
RSSフィード

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。