スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Read It Laterの使い方

20110306

Read It Laterの使い方はとても簡単です。
Safariで現在見ているページを後で読みたいと思ったときに
ブックマークボタンを押します。


Read It Laterの初期設定で作成したRead ItLaterのブックマークを押します。
すると現在見ているページがRead It Laterの保存されます。


あとはその記事をまた読みたいときにRead It Laterを起動すれば
保存したページにすぐにアクセスすることができます。


その他にもRead It LaterのFirefoxアドオンをPC上でインストールしておけば
IPhoneのRead It Laterと同期させることができるので
IPhoneで保存したページをFirefoxで開いたり、逆にFirefox上で保存したページを
IPhoneで開いたりすることができます。


出先で気になったページを保存しておいて
帰宅してからPCでじっくり読んだり、
ネットサーフィン中に気になるページを見つけたときにいったん保存して置いて
通勤時間を使ってもう一度そのページを読むといったことが
Read It Laterを使うことで実現できるんですね。


私自身はニュースサイトの保存にRead It Laterを活用しています。
IPhone上にGoogleニュースを取得できるGnewzというアプリケーションで
気になるニュースを発見したときにRead It Laterにその記事を保存して
後から時間があるときに読むというスタイルをとっています。
厳選したニュースだけがピックアップされるので
もう一度そのニュース記事を探す必要がないのでとても重宝しています。


ますますiPhoneが手放せなくって話ですね。
関連記事

コメント

非公開コメント
プロフィール

imoan_koala

Author:imoan_koala
昨日より今日、今日より明日が
良き一日となるように
「今日」という一日を大切に
生きる男のブログです。

最新記事
最新記事はこちらからCheck!!
カテゴリー

月別アーカイブ
04 10 09 08 05 04 03 02 03 02 06 01 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 08 07 06 05 12 11 10 07 06 05 04 
リンク

当ブログでは相互リンクを受け付けております。 詳細はこちらをご覧ください。

相互リンクについて

ブログ内検索
アクセス解析
FXを徹底比較
RSSフィード

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。