スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone解約後に大活躍のWiMAXモバイルルーターNEC WM3500Rのレビュー

20110818

Speed
Speed/UnprobableView


ソフトバンクを解約して、実質iPodTouchとして機能している私のiPhoneですが、解約後iPhoneに無くてはならないお供、WiMAXのモバイルルーターWM3500Rをレビューしてみようと思います。


20110818013214.jpg



■WiMAXの回線スピードと3G回線の速度の違い



これは明らかにWM3500R経由でWi-Fi接続した方が速かった。
詳細なデータが解約後なので取れないのが残念ではありますが
Youtubeの動画などを再生した際に明らかな違いを感じました。

3G回線では、途中で再生がが止まってしまうことが多々ありましたが
WiMAXはサクサク動画を再生してくれます。

YouTubeに参考になるWiMAXと3G回線の速度の違いを比較した動画がありましたのでご紹介します。







この動画を見る限り、WiMAXの方が速度が速いのがお分かり頂けると思います。ただ、これだけの速度が出るのはかなりWiMAXの環境がいい場所ですね。

WiMAXは下り40Mのサービスですが、実測では早くて15Mくらいでしょうか。ただ、15M出ていればWebの閲覧、動画の再生には十分な速度です。

私の家でのWiMAXの実測値はこのようになりました。



001.png




きっと東京都内や名古屋市などの大都市部ではもっと早い速度が見込めるのではないでしょうか。


■WiMAXルーターWM3500Rのいいところ



①バッテリーが8時間駆動



WM3500Rのいいところはバッテリーの持ちです。自宅で固定で使うのであればコンセントに朝しっぱなしになるのでばってりーの持ちはさほど気にしないところだとは思いますが、iPhoneと組み合わせたり、iPadと一緒に持ち歩くとなるとバッテリーが持たないことには話になりませんよね。

朝一、出かけるときに起動して、仕事終り付近の19:00くらいまで約8時間は持ちます。
メーカーの仕様書にも8時間駆動と明記されていますので、そのあたりはおおよそOKといったところでしょうか。

②自動電源OFF機能がまあまあ使える



ルーターとWi-Fi機器が接続されていないときには指定した時間で自動で電源がOFFになるという機能があります。ただし、iPhoneのスリープボタンを押しただけではWi-FiがONになったままなので自動電源OFF機能は機能しません。

iPhone側でWi-FIをOFFにすることで初めてこの機能が機能します。

実際にはバッテリーの持ちがいいのでわざわざWi-FiをOFFにする必要は無いとは思いますが、電池をできるだけ消費したくないのであれば自動OFF機能を使用するとよいと思います。


■WiMAXルーターWM3500Rの残念なところ



①起動に時間がかかる



WiMAX機器のデメリットとして、起動に時間がかかるというところが残念なところです。WM3500Rも起動までに約50秒ほど時間がかかります。
サッと使いたいという時に電源が入っていないと少し待たないといけません。
そのへんをスムーズに操作するためにも電源は常時入れっぱなしにしておきたいところです。
そうなるとWiMAXルーターのバッテリーの持ちといったところが使い勝手の良さに大きく関わってきますね。

②オートLEDOFF機能が煩わしい



WM3500R本体上部のLEDランプでバッテリー残量やWiMAX電波状況を確認できるのですが、これが無操作10秒ほどで一度消える設定になっています。


20110818013525.jpg



これも電池の持ちを重視した使用なんだとは思いますが、電波状況の確認をしたいときなどには一度SETボタンを押さなければならないので煩わしいと感じました。

しかし、実際にはWiMAXルーターの設定を変更することで常時点灯するようにカスタマイズができます。ただし私の場合、バッテリーの持ちを重視しているので自動LEDOFF機能は煩わしいですが目をつぶっています。



とまぁ、WiMAXルーターWM3500Rのざっくりとしたレビューを書いてみましたが、また気が付いたことあったら追記して行きたいと思います。


WiMAX エリアが広けりゃ これ最速 なんですけどね。
もうちょっと田舎の方でも使える地域がふえればいいなと思います。


逆にエリア内で使える環境の人であれば、コンパクトで配線もいらないし、家のなかでも出先でも高速のネット環境が手に入るのでこれよりも便利なネットの環境は無いと思いますよ。





[PR] 加齢臭が気になるなら シーツが臭い!? シャツの臭い気になります
スポンサーサイト

iPhoneを解約した後はiPodTouchとして使用するのがベスト

20110804

iPhone
iPhone/Panduka Senaka


iPhoneは例え解約した後であっても、iPodTouchとして使うことができます。言い方を変えれば、iPhoneはiPodTouchに電話機能が付いただけ。単純に電話として使用するのであれば、スマートフォンよりもフィーチャーフォンの方が自分には合っているというのがiPhoneからフィーチャーフォンに乗り換えた理由でした。


解約した後であってもiPhoneのいいところはしっかりと生かしたい。解約した後のiPhoneをガラクタにしてしまうのはもったいないですよね。


iPhoneのWi-fi機能を生かせば、iPhoneに求めていた機能を無駄にせずにしっかりと生かすことができます。


自宅に無線LANルーターがあるのであれば、Wi-fiを使ってインターネットにつなげることはできます。ただ、自宅であれば正直PCを使用するのが普通なので、よほどPCを立ち上げるのが面倒な時などにはiPhoneを使ってインターネットに接続します。


ただ、iPhoneの良さというのは携帯性なわけなので、自宅だけで使うというのでは良さが生かし切れませんよね。


私の場合、自宅のインターネット環境もWiMAXにしているので、家にいるときはもちろんPCやiPhone、iPadなどをWiMAXのルーターに接続して使っています。


WiMAXが便利なところは自宅&出先でもインターネットの環境が整ってしまうというところです。


モバイルルーター一台で自宅&出先のインターネット環境がそろってしまうので、iPhoneのデータ通信のためだけにパケット通信料を支払っているのがバカバカしくなったというのもiPhoneを解約した理由の一つです。


そんなわけで、現在出かけるときにはiPhoneはWiMAXとセットでiPodTouchとして機能しています。自宅のネット環境もWiMAX、出かけた先でのネット環境もWiMAXで一本化しているので、月々のコストも抑えることができています。


以前はADSLに一カ月4000円ほど、iPhoneのデータ定額に4200円ほどの合計8000円以上を通信費として使っていましたから、今考えるともったいないことをしていたなぁと思うわけです。


iPhoneを解約してガラクタとして眠らせるくらいなら、iPodTouchとして使用してみてはどうでしょうか。きっとWiMAXがその手助けになるんじゃないかなと思います。


しかし、便利な世の中になったものですね。


iPhoneを解約した後の使い道に困っている方はWiMAXと組み合わせて使うことで
iPhoneの便利さを引き継いで使用することができそうですね。


WiMAXについては私もまだ使用し始めたばかりなので
いろいろと検証していきたいと思っています。


WiMAXのサービスや料金などはこちらのサイトで詳しく知ることができますよ!








[PR]

PS3 ハンテッド デモンズ・ザ・フォージをどこよりも早くお届け

新作モンハンはHD画質で楽しめる!最安予約情報


スマートフォン私の場合iPhoneからフィーチャーフォン(ガラケー)に乗り換えたワケ

20110804

Businessman on the phone
Businessman on the phone/yago1.com


丁度2年間iPhoneを使ってきた訳ですが、自分の環境がいろいろと変化したため所有する携帯電話の見直しをしてみました。


時代の流れはスマートフォンだとは思いますが、自分の環境にはやっぱりフィーチャーフォンが合っていたみたいです。


私は高校1年生の時に初めて携帯電話を買って、それからずっとドコモユーザーでした。
高校に進学する直前短期のアルバイトで稼いだお金で初めての携帯電話を手にしたのを覚えています。


と、まぁ8年間ドコモユーザーだったわけですが、iPhoneを2年前から持ち始めました。
持ち始めた理由をいくつか挙げてみようと思います。


■そもそもなぜiPhoneを使い始めたのか


① PCメールを出先で確認できる点にメリットを感じたから
② アプリケーションをPCと連動させることで仕事の効率化が図れると感じたから
③ 単純にiPhone = ちょっとデキる男といった勝手なイメージがあったから


iPhoneを使い始めた理由のうち①のウェイトが大きかった。
仕事柄事務所にいることが少なく、出先から帰ってクライアントからのメールチェックをしているようでは仕事の効率も上がらず、時間を無駄にしてしまうような気がしたので出先のスキマ時間にメールチェック&返信対応ができる点が画期的でした。


②についてはGoogleカレンダーとの連動アプリやGoodReaderなどのファイル閲覧アプリが活躍してくれました。おかげでPCを起動させる間でもない作業を効率化することができたのは確かです。


■iPhoneに嫌気がさしたワケ


とまぁ、iPhoneを使用することにメリットはたくさんあったワケですが、不便だと感じた点もたくさんあります。


①ソフトバンクの電波通信状況に愕然
②iPhoneに求めていた機能は通話以外の部分が大きい
③タッチパネル操作の使いにくさ


①はもうどうしようもないことなのですが、田舎に弱い。実家ではソフトバンク圏外のため、地元に帰った時には実家の固定電話から友人に連絡するといった始末。
また、普通に通話をしていて突然通話が途切れる。またかけ直すの繰り返し。


②はアプリケーションの便利さや、メールのメリットの通り、通話に関してはiPhoneじゃなくてもいいのでは?という考えが出てきました。


③は慣れだとは思いますが、例えば、自動車で移動中などのちょこっとメールを返信したりする際に必ずディスプレイを見なくてはいけない(もちろん運転中のメールは危険なのでやってはいけないことですが)


私は昔から文字入力をツータッチで入力していたので、携帯電話を見なくても文字入力ができます。
その点フィーチャーフォンはボタンがついているので触った感覚で文字入力などができるわけです。


結局、iPhoneからフィーチャーフォンに変えようと思い立ったのは


■iPhoneは電話機能以外のところが便利であり、電話としての機能はイマイチという点

■単純な情報端末として使用するのであれば、ほかに代替策があるという点

■通話のクオリティーや電波の状況はドコモが優れているという点

■インターフェイスなど操作性はフィーチャーフォンが優れていると個人的に感じる点



このあたりがポイントとなりました。


時代はスマートフォンですが、スマホも使いようですね。携帯電話の新製品はスマートフォンが占める割合が増えてきました。いずれはフィーチャーフォンは消えゆく存在なのかもしれませんが、今回あえて時代の流れに背いた感じで携帯電話を見直してみました。

Read It Laterの使い方

20110306

Read It Laterの使い方はとても簡単です。
Safariで現在見ているページを後で読みたいと思ったときに
ブックマークボタンを押します。


Read It Laterの初期設定で作成したRead ItLaterのブックマークを押します。
すると現在見ているページがRead It Laterの保存されます。


あとはその記事をまた読みたいときにRead It Laterを起動すれば
保存したページにすぐにアクセスすることができます。


その他にもRead It LaterのFirefoxアドオンをPC上でインストールしておけば
IPhoneのRead It Laterと同期させることができるので
IPhoneで保存したページをFirefoxで開いたり、逆にFirefox上で保存したページを
IPhoneで開いたりすることができます。


出先で気になったページを保存しておいて
帰宅してからPCでじっくり読んだり、
ネットサーフィン中に気になるページを見つけたときにいったん保存して置いて
通勤時間を使ってもう一度そのページを読むといったことが
Read It Laterを使うことで実現できるんですね。


私自身はニュースサイトの保存にRead It Laterを活用しています。
IPhone上にGoogleニュースを取得できるGnewzというアプリケーションで
気になるニュースを発見したときにRead It Laterにその記事を保存して
後から時間があるときに読むというスタイルをとっています。
厳選したニュースだけがピックアップされるので
もう一度そのニュース記事を探す必要がないのでとても重宝しています。


ますますiPhoneが手放せなくって話ですね。

Read It Laterの初期設定

20110303

Read It Laterの初期設定の方法をご紹介します。
アプリが英語表記なので初期設定で迷ってしまいがちですが、
順番に読み進めてみてください!
初期設定はとても簡単ですよ (*´∀`*)ステキ♪


まずはiPhoneにRead It Laterをインストールしましょう!
もちろん、ダウンロードはiTunes Storeからどうぞ!


→ Read It Laterの本家ページはこちらから


ではRead It Laterをインストールしたら設定をしてみましょう。
まずはじめにアプリを立ち上げると新規のアカウント作成の画面がでてきますので
任意のIDとパスワードを設定してアカウントを作成します。


すると次に初期設定です。
Read It LaterはiPhone上ではWebブラウザのSafariの
バックグラウンドアプリとして動作しますのでSafariでの設定が必要になります。
以下、Safariでの設定の仕方です。


Photo 3月 03, 11 30 27 午後


まずは上段の「MOBILE SAFARI」を選択しましょう。
するとなにやら英語表記のページが表示されます。


Photo 3月 03, 11 48 05 午後


Let's do it!をクリックします。
すると次のページでブックマーク登録するように!との記載がありますので
iPhone上でブックマークボタンを押してそのページをブックマークしましょう!


Photo 3月 03, 11 31 09 午後

ブックマークが完了したら、もう一度ブックマークを開きます。
するとブックマーク上にRead It Laterというブックマークが作成されていると思います。


Photo 3月 03, 11 32 00 午後


ブックマークされていることが確認できたら
画面右下の編集ボタンを押します。


Photo 3月 03, 11 32 19 午後


編集画面が開けたら
「Read It Later」と書いてある下の部分のURLを長押しして全選択しましょう。
URLの文字列が全選択できたら、その文字を消去します。
そのあともう一度選択をして、ペースト。
するとRead It Laterのスクリプトがペーストされます。
(このスクリプトはこの時点で自動でクリップボードにコピーされているようです)


そこまでできたら編集を完了します。
これで設定は終了です。


あとは気になるwebページを開いているときに
「後から読みたいなぁ」と思ったとき
ブックマークを開いて、Read It Laterを押せば
Read It Laterのアプ内にそのURLが保存されます。


すっごく便利なのでぜひぜひ使いこなしてみてくださいね☆


次回はRead It Laterの使い方をもうちょっと詳しく紹介してみますね。


プロフィール

imoan_koala

Author:imoan_koala
昨日より今日、今日より明日が
良き一日となるように
「今日」という一日を大切に
生きる男のブログです。

最新記事
最新記事はこちらからCheck!!
カテゴリー

月別アーカイブ
04 10 09 08 05 04 03 02 03 02 06 01 10 09 08 07 06 05 04 03 02 01 12 11 10 08 07 06 05 12 11 10 07 06 05 04 
リンク

当ブログでは相互リンクを受け付けております。 詳細はこちらをご覧ください。

相互リンクについて

ブログ内検索
アクセス解析
FXを徹底比較
RSSフィード

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。